この糸電話は非通知設定

詩や雑感を記したり、好きなものを紹介します。

自分に似て

不器用な笑顔で

隙っ歯から漏れるその声は 

ニシシ・・・と言った風で

お世辞にもかわいいとは言えないのだけれど

粉吹く雑踏の囃し

走ることも諦めた僕の

靴音を訪ねて

影のように慕ってくれる君