この糸電話は非通知設定

詩や雑感を記したり、好きなものを紹介します。

コーン  その2

 抜けるような青の見渡せる、明るい図書室の薄黄色のテーブルに、低く積まれた本は地理の課題の資料らしい。僕らの住むこの高座町の歴史や風土をA4二枚に画像一つをつけてレポートを作れという課題が、そういえば二週間ほど前にあった。そしてその提出はもう先週終わったはずだったが、桐爾は今、それを黙々とこなしている。真昼の図書室で。たかだか50分の昼休みの間に終わる課題でもないので、午後一の授業はさぼる気だろうか。

「静流、お前、こないだのこのレポート、何書いた?」

「俺か?まぁ、200年前の酒造りとか?てきとーに。」

「そうか。」

「桐爾は何を書くんだ?」

「ん?俺は今考えてるところだ。」

ふと桐爾の良く焼けた手の甲の下のレポート用紙を見やると、そこにはセピアになった団地の写真資料が何枚か重ねられていた。

「それ、団地か?」

「ん、そうだな。風倉町だ。現役のころは升亀酒造で働いてた人なんだけどな、この団地で今は一人で暮らしてる。その様子をレポートしようと思ってな。」

桐爾にとって歴史や風土とは、過去のものではなく、今生きている対象としてとらえられているのだと俺は察した。ここより東に位置するやや山間の風倉町は、ちょっと昔はここらの中心地である高座と随分人の往来があったらしい。今は高齢者の町で孤立気味だ。

「地理の竹田、物わかりのいいおっさんだから、お前のレポート、評価してくれるよ、きっと。」

「そうかもな。」

 

俺は、桐爾のいない午後一の体育を軽めに受けて、校舎に戻った。少し汗ばむ陽気だったので、全力で体育を受けた生徒は半数くらいだったろう。それでも半数もいたのは、今、体育ではバスケットボールをやっているからだ。特に男子は、幾つになってもボール遊びが好きな連中だ。教室に帰ると、窓は開け放たれていて、いつもはややごわごわした白い生地のカーテンが、軽いレースのように棚引いていた。体育上がりのむさ苦しい俺らの教室にはまるで似合わない演出だったが、何かに守られているような心地よさと、決まった時間は教室から〝出ることもできない僕ら〟に自由を与えてくれる、そんな五月の風が吹いていた。そして、六限目も終わるころ、桐爾は教室に戻ってきた。数学の教師はそれに対し一瞥もせず、ただ板書を続けていた。

大切なこと

大切なことは自分で見つけなければならない。

見つけたことは自分で守らなければならない。

しあわせはそうして実を結ぶのではないか。

コーン  その1

      コーン

 

 

 

 伸びやかに下る銀杏並木を桐爾だけが左に折れた。

  まだ夏の残り香が、半数ほどの生徒が身に着けた夏服の白と、皮膚に浅く刺さった日差しに纏わり、漂っていて、僕らは季節が動いているのを横目に気づいていながら、その痛みがいつまでも新鮮であるかのように錯覚することを望んでいた。

 

 下手くそなリズムが妙なバランスで放課後の空気をポップするのを、隆は〝閉じた青春〟と呼んだ。学内だから、批判もましてや罵声も浴びることなく呑気に演奏でき、とても他人に聴かせられるレベルではないとしても、放課後と言う、一つの役目を終えた気だるい隙間時間にはマッチする。このような容赦を享受することを、体屈と書くんだ、などと言って、彼はうなだれた。

「俺はもっと鮮烈な彩が欲しいんだ。鋭利な岩峰を素手でつかむような緊張感、青春ってそういうもんだろ?」

硬くはない、そして鋭利でもない木と金属パイプでできた椅子の背もたれを抱きかかえたまま、ゆらりゆらりと木馬のように馴らして、こつんこつんと僕の机の前の角に当てながら隆は台詞をくゆらせた。僕の席は教室のスレイブ達における、いわゆる貴賓席だった。何のことも無いがつまりは、窓際で後ろの方だった。それに対して対角線にあった隆の席は、この畜舎の中では最も騒々しいと言えるだろう。教室前部、出入り口の近くだった。席替えの時の恨めしそうな奴隷友達らの目線はほどほどに気持ちよく、僕は教壇から離れた距離だけ別世界に混じりやすくなったこの席で、瑞々しい風を感じながら、真面目に授業を受けていた。

そんなゼンマイ式で回っているような貴重な時間を生きる僕ら軟弱な主人公の憧れとして、桐爾は居た。彼はこの乾ききらないカンバスの中で、ただ独り、大人だった。

さよならムーン

ブラウィンドウをくるっと閉じて

そっと告げたよ  さよならムーン

こんな風になりたい

あんな風になりたい

そんなことを思ってた自分に

バイバイ

 

いつも夢見てた  

黒い夜空に光る月のようにと

でも今日からさよならムーン

あれはすごいな

これもすごいな

そんな風に思ってた自分に

バイバイ

黒塗りの路面を

紫の雨が反射して

信号が変わったのに

アクセルをしばらく踏めなかった夜

白い幻想に  風の抜ける乾いた音が

鼓動となって  

今まではあり得なかった世界を現象する

 

誰の夢でもないさ

暗い街を彩るネオン

誰の糧でもないさ

直走る血と汗は